立法議員、知事のCPA引継ぎを却下

下院議会と上院は、自治機関として再び機能させるCPA理事メンバー全員の排除を促すばかりでなく、120日でCPAを引き継ぐとするフィッテイェル知事の政策を却下しています。
下院議会は、しかしながら、航空会社費用の確実な値上げ同様に613日から航空会社のインセンティブ・プログラムを打ち切る、CPAエグゼクティブ・ディレクター代行のリー・カブレラ氏の一時命令に反対しませんでした。
下院は金曜日の審議で合同決議16-5を採択しました。
ビクター・ホッコック下院議員と8名の議員によって提案されたこの法案は、金曜日、上院も7対0で下院決議に賛同しました。
ルイス・クリソストモ上院議員は棄権し、同時にヘンリー・H.サンニコラス上院議員は欠席しました。
マリア・T.パンゲリナン上院議員によると、「我々は知事の緊急権力が違法であることを言及する」としています。
彼女によれば、知事の行動は「人々に彼の全ての行動を無効にさせるための余裕を与える」と述べ、更に、バンク・オブ・グアムが知事に問題を提起するかもしれず、結局は更なる問題を生み出すとしています。同銀行はCPAの債権受託者です。
512日、知事はCPAの理事役員を解除し、120日で知事室に機関を移す行政命令08-03を発効しました。
この行政命令は立法議員の同意が要求されています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です