サイパン国際空港の発電機2基、修理完了

CPAは先週、2基の主要発電機の両ユニットが5ヶ月かけて大修理を完了したとの報告を受けました。

昨日、CPAの局長代行エド・メンディオラ氏は、空港の発電機設置と試運転を監督しました。

「我々は1週間以上前に報告を受けた、…テストが今日うまく行くなら、両方のユニットは新年前に完全操作されるであろう」とメンディオラ氏は昨日、バラエティ紙のインタビューで述べました。

この修理経費はおよそ$200,000以上で、連邦政府の補助金によって賄われました。

CPAはまた、連邦政府による再度の資金付けでバックアップ発電機を購入しました。

この発電機は2010年に搬入が予定されています。

このプロジェクト予算は$6.8ミリオンです。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です