警察、感電死の被害者を特定

警察は金曜日に電線に接触して感電死した男性の身元を確認しました。

DPSスポークスマンは、この被害者をMel Hal B. Ogarto Taitano33歳であると発表しました。

DPSの報告によると、事故は1226日の午後1215分頃、チャラン・カノアのドロレス・ストリートで、被害者がパンの実を取ろうとして、持っていた棒を電線に引っ掛けたため感電したとしています。

警察が通報を受けて現場に到着したときには、パンの樹の頭部から煙が上がっていたとのことです。

被害者はメタルパイプを使用し、CUCの高圧線近くの樹の実を落とそうとしていたところ、このパイプが電線に接触して感電したとのことです。

この時、目撃者は、樹に登っていた被害者を助けるため樹から被害者をおろしましたが、すでに脈はなく呼吸も止まっていたとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です