CIP(主要改善計画)50のいくつかが完成

パブリック・ワークスは、50件のCIPのわずかしか完成していないと言っています。

テクニカル・サービス課のディレクター、ジョー・M.イノス氏によると、残りは未だに契約過程中とのことです。

彼はその数を特定しませんでした。

最も大きな2件のCIPは、プエルトリコのダンプ(ゴミ捨て場)の閉鎖とサイパンのクロスアイランド・ロード(島縦断道路)改善であると同氏は述べています。

プエルトリコのダンプ閉鎖は現在許可段階であり、同時にクロスアイランドの第二段階のデザインは、ハワイの連邦高速道路管理局職員によって未だ見直しが行われています。

別の重要なCIPは、カラベラ・ケーブとススペ湖開発計画の環境影響評価です。

DEQ(環境資質課)とCRM(沿岸資源管理事務所)は、カラベラ・ケーブの環境評価報告の30%を既に見直しています。

もし、提案された行為が自然環境において重大な影響をもたらせるかを決定するために環境評価が準備されています。

イノス氏によると、CIPは連邦資金であるが、現地予算と一致することが要求されているとのことです。

この資金は先月完成したロタの東港湾プロジェクトに使用しました。これは盟約セクション702からの連邦資金と、CDA(コモンウェルス開発局)の債券利益から現地摘要で構成されたものでした。

ロタの消防署建物改築の資金もまた、連邦と現地のコンビネーション資金でした。

しかしながら、クロスアイランド計画とプエルトリオ・ダンプ閉鎖は、完璧に連邦の補助資金です。

イノス氏によると、CIPへの現地摘要は、ポーカー・フィー、インフラ開発税、ビルディング基準費、CDA債券利益、政府機関、部署の予算を束ねる立法議会によって割り当てられます。

テニアンのルート201ロード、ロタのサバナ・ロードとルート11の排水路改善、カグマンのラウラウベイ遊歩道第一段階、ガラパン・バスケットコートを含む、他のCIPは、保留になっています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です