知事の予算却下で下院議長失望

アーノルド・I.パラシウス下院議長は、フィッテイェル知事の予算法案拒否で失望させれていますが、$148ミリオンの新収入計画を考慮して政策の見直しに合意しました。

パラシウス氏は、101日に始まった、変更した2009年度予算案の割当を、下院と共に協議することを上院に求めました。

知事は、緊縮金曜日の再開、有給休暇の無保証、更にリタイヤメント・ファンドへの年金支払いの更なる削減を再実行する規約を含めることを求めています。

下院議会は、このような規約を包含している上院の予算案を却下しました。

フィッテイェル知事が却下した最終案は、各部門の責任者がそれらの貧弱な予算案に対処する方法を決めることを認めています。

この法案は$156.7ミリオンの歳出レベルを提案しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です