OPA「NMC不法雇用訴訟で和解」

OPA(オフィス・オブ・パブリック・オーディター)は、北マリアナ・カレッジに「約束」はしていないと言っています。

バラエティ紙は、NMC2007年にOPAによって示された非合法雇用訴訟で和解しているかもしれないことを知りました。

「私は何も知らない」とパブリック・オーディターのマイク・パイ氏はバラエティに語りました。

OPAオーディット・マネージャーのロス・ザパタ氏によると、その問題は、昨年、マイク・サブラン氏のマイク・サブラン氏がパブリック・オーディターであった時に解決されたとのことです。

NMCの中で和解されたと思う」とザパンタ氏は述べ、更にその和解はNMCで長期にわたる従業員数名の辞職と離島をもたらせたと付け加えました。

ザパンタ氏によると、NMCは「OPAとの問題はもうない」としています。

20073月、NMCでの非合法雇用訴訟はOPAの指摘によって公表されました。

この訴訟は、NMCの当時の学長代行ダニー・ワイアット氏の在職中、特殊プログラム教えるために無資格の人物を雇用していたことに関するものでした。

実際にクラスを指導していないインストラクターが看護課に割り当てられていました。

学生たちからの苦情が、同じくもう1人のインストラクターが「個人的な契約」を通して実際の仕事を行なっていたことも知った大学の指導体制によって届けられました。

元学生業務の学部長だったワイアット氏は、20068月に当時の学長アンソニー・デレオン・ゲレロ氏に辞職にしたがってNMCの学長代行を務めました。

20071月、ワイアット氏は「緑の牧草地」を探したいと言って辞職しました。

NMC はその時彼の辞職に関して公式声明を発表することをためらいました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です