知事、ラオラオの$22M減税要請承認

フィッテイェル内閣は、以前に知事とCDAが承認した$4ミリオン以上のラウラウの$22ミリオンの減税を承認することが期待されています。

「韓国通貨ウォンの低下と国際金融市場の虚弱で、フィッテイェル知事は法的に提供される全ての投資促進を助成するであろう」と昨日、広報官チャールス・レジス氏は述べました。

更に彼は、財務局長とCDAとの相談で知事の決定がなされたと付け加えました。

この提案された規則はコモンウェルス登記で121日に公表されたQC(資格証明証)の変更を認めるものです。

AQCは投資家に減税を与えます。

新たな規則は2008101日に行われた変更要請に適応するだけです。

サイパン・ラオラオによると、ラオラオ・ゴルフ・プロジェクトは現在$70ミリオンの価値があるとの事です。

最初に$18ミリオンの現在が同社に与えられたとき、そのプロジェクトの価値があったといわれました。

昨日の別のインタビューでは、CDA経済開発評論家のカーリーン・サブラン氏は、CDA理事は新たな提案されたQC規則へのコメントを検討すると述べました。

この新たな規則は、CDA理事会が、これらに応じるQCの変更の推薦を行うかも知れません。また、QCの非受益者の改革あるいは、一時停止を提言するかもしれません。

理事会は、コモンウェルス登記所を通じて一般告知と提案された変更を採用するかもしれません。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です