イノス氏、NMIは連邦の支援が必要


イロイ・イノス副知事は、政権はCNMIの現地経済を再建するための連邦政府との関係改善を望むと言っています。

イノス氏は2009年に政権が挑んだ課題があるが、「未だ多数の案件が残っている」と述べました。

副知事は経済復興がグアムの米軍増強を通じて行なわれると楽観視しています。

彼はまた、連邦化訴訟をもたらしたフィッテイェル知事の決断を援護しました。

ワシントンの連邦裁判所はこの訴訟を棄却しました。

「我々は小さな連邦ですが、州レベルで合衆国の多くの管轄区域が種々の問題に関して連邦政府を法廷に導きます」とイノス氏は述べ「我々は例外ではありません。それは別として、私は、我々は非常に良い、暖かい関係を得たと思う」としました。

政府は未だこの訴訟を担当したJenner
& Block
法律事務所に毎月5万ドルを支払っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です