Ladera、労働局の命令に不服従


ラデラ・インターナショナル・スクール(Ladera International School of Saipan)を経営する ILC Corp.,のオーナーは、労働局の命令で不適切な源泉徴収税と未払い賃金の完璧な支払いに応じていません。

Ladera20091127日までに元「寮マネージャー」、
Brendon
としても知られるヤン・ Kyu シン氏に、正規賃金と時間外労働、そして不適当に保留された税金の未払い
5,394.21ドルを支払わなければなりませんでした。

同氏は2ヶ月間の未払い賃金の末、3月に同校LISSを辞め、雇用契約終了後、オーナーを訴えました。

同氏によれば、すでに9ヶ月の間失業しているとのことです。

労働局は同氏の転職救済措置の要請を認めましたが、「学校での雇用、あるいは学童の監督に関しては承認できない」と伝えました。

LISSBrendon氏によって提出された雇用前の必要条件としての健康診断書と経歴の証明書の2書類を労働局に提出しました。

Brendon氏はこれらの書類を提出しなかったと述べています。

労働局は Brendon氏が「理想的な従業員ではなかった・・・・一般に、彼の能力にはしばしば欠陥があった」と述べました。

「彼自身が知っていたように、Brendon氏が寮マネージャーとしての経験がわずかしか、あるいは全然持っていなかったという事実は、彼の責任への対応で不利になる」と労働局は言いました。

LISSによる明確な指示の欠如もまた、Brendon氏の能力を望んでいる要因ともなっています」と労働局は付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です