連邦裁判所、法廷でのカメラを認めず


NMI連邦地方裁判所は法廷でのいかなるカメラの使用も許さないとするその実行を継続します。

「もし報道機関が求めるならば…、試験的プログラムが非陪審の民事裁判でカメラを許すことを望むかどうかを決めることを法廷に許すこと、また、米国の司法審議会の政策との協定にある我々の政策が、これまでのカメラ使用を許していないことを伝えて下さい」と法律書記官ランディー・ K.R. シュミット氏が事務局長ウィリアム・J・ Bezzant氏に知らせました。

連邦裁判所は昨日、シュミット氏がすでに「法廷でのいかなるカメラ使用も許さない現在の慣習を継続する」と述べた首席裁判官アレックス・R・マンソン氏と話をしたと表明した電子メールを公表しました・.

第九回巡回法廷の司法評議会は、CNMI、グアム、アラスカ、アリゾナ、カリフォルニア、ハワイ、アイダホ、モンタナ、ネバダ、オレゴンとワシントンを含む11の司法権をカバーし、すでにある特定の地区の訴訟手続きでテレビカメラを公認しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です