妊婦のH1N1ワクチン接種、ごくわずか


妊娠している女性たちの低参加率のために、H1N1ワクチン接種で公衆衛生局課は今そのインフォメーション・キャンペーンを強化することを考えていると言っています。

毎年、CNMIは平均千人の出生を記録しています、と公衆衛生プログラム・アナリスのロクサンヌ・ディアス氏は言いました。

125日の時点で、CHCコモンウェルス医療センターは、ワクチンを与えられた妊婦はわずか54人であったと彼女は付け加えました。

「若干の妊娠している女性がワクチンの恩恵を望みませんが、彼らはそれを必要とします」と彼女は述べました。妊娠している女性たちは彼女らの胎児期の事前検査とH1N1ワクチンのためにの医療従事者の元を訪れるべきですと彼女は付け加えました。

彼らは同じくCHC公認看護婦を持っているサンアントニオのサウス・コミュニティー健康センターからそれを手に入れることもできます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です