外国人投資家にとっての恐ろしい時

CDAコモンウェルス・開発局のマニュエル・サブラン局長は、CNMIの長期許可を保有する数多くの外国人投資家にとって、2014年以降コモンウェルスでビジネスが継続できるか不明瞭であるため「恐ろしい時」であると言っています。


「発表された連邦の規則はE-2 CNMIビザが2014年までしかありません。その後、彼らは連邦のステータスを獲得せねばなりません。その後はどうなるのでしょうか?」とサブラン氏は付け加えました。


5万ドルと50万ドルの間には大な相違があります」と同氏はCNMIと連邦の投資必要条件に言及して付け加えました。


サブラン氏は、もし中小企業が2014年以降留まることを許されないのであれば、低迷するCNMIの観光事業を基盤とした経済が更に被害を受けるであろうと言いました。


2014年以後、それらのステータスを失うかもしれないことがわかっていて、彼らはさらに多くを投資すると思いますか?」と彼は尋ねました。


重要な数のこれらの投資家は、ビルのような建造物をCNMIの土地に対する定期貸借権を持っています、と同氏は付け加えました。


米国の市民権とイミグレーション・サービスはすでにE CNMI投資家ビザとして知られている、連邦の非移民投資家ビザ種別作る最終規則を公表しました。


このビザは外国の長期投資家に201412月までCNMIに残留することを許します。


もし彼らがその終止符を越えて留まることを望むなら、彼らは適切な連邦のビザプログラムに移行しなくてはなりません。


CNMI長期許可証保有者は2011118日に始まるE2ビザを請願しなくてはなりません。


2ビザは2年有効で更新可能であって、そしてCNMIのみ正当な効力があsります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です