誘拐-レイプ被告釈放

予審法廷は検察側によって動かされるように、去る6月、未成年者の学生を誘拐し、レイプした罪で逮捕された3人の被告は、彼らに対して権利を毀損せずに罪状を却下した後、感化局拘留から解放されるよう命令されました。


司法局長オフィスはそれが政府によって「まさしくそうすることは、新たにそれ以上の評価を必要とする証拠を見いだした」ために罪状の棄却を要求したと言いました。


デイビッド・A・ワイスマン裁判官は昨日午後235分ころ、彼の2ページの裁定を公表しました。


バラエティー紙が知ったところによれば、被告人のアルフレッド ・ Hocog被告、 Camacho・ジュニア


彼らは容疑を否定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です