観光客の大多数がパッケージツアー

先月サイパンに来た大多数の観光客はパック旅行を通して手配された旅行であり、彼らの半分以上が初めてここに来ました。


MVA観光局の調査は、8,310人の観光客がサイパンへのパッケージツアーで、3,500人以上が個人旅行であったことを示しました。


2,000人近くの観光客が旅行社によって手配された旅行で、他の1,400人以上の人たちはどのように手配されたかを明示しませんでした。


MVAは先月の来島者数が前年対比で18%増の27,179人と報告しました。


この伸びはこの期間急激な上昇を示した日本と韓国市場に帰すものです。


10月、日本人来島者数は前年の8,602人から31パーセント増の11,279でした。


11月の日本からの来島者数は8パーセントの伸びで11,447人となりました。


調査を受けた日本人観光客の53パーセント以上が、パック旅行の販売促進を通じてサイパンを知ったと述べ、同じく相対する韓国人の46.23パーセントが同様であることを言明しました。


職業条件では、調査された日本人観光客の36パーセントが事務員、あるいは関連した分野で雇用されているとしています。


12パーセント以上が重役あるいは管理職でした。


10月から11月、韓国市場もまた、強く確かな伸び率を示しました。


これらの月でCNMIを訪問した19,000人以上の韓国人観光客は前年対比で63パーセントの上昇となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です