キリリ法案は葬られていない

米国籍者の近親者へのCNMI限定ステータスを交付する、連邦下院議員のグレゴリオ・キリリ・カマチョ・サブラン氏のH.R. 1466は未だ下院審議日程にありません。


昨日のインタビューでサブラン氏は、H.R. 1466イミグレーション小委員会の副会長でアイオワの共和党、スティーブ・キング下院議員の反対がいなかったら単純過半数によって下院を通過したたであろうと言いました。


キング氏の反対のために、この法案は議員3分の2で通過させなければなりませんでした、とサブラン氏は述べ、下院自然資源委員会のDoc Hastings会長が彼にCNMI立法議員がこの法案を引き出した「あなたの決定は何ですか?」と訊ねたとき、彼の法案が3分の2の票が必要とされることを知ったと述べました。


「もし私がそうしなかったならば、我々は3分の2ではなく大多数の票を得ていたでしょう」


彼は共和党のコントロールの下にある下院でこれだけ通過に「近づかせた」他のいかなる移民法案も知らないと言いました。


サブラン氏はキング氏の主な懸念は、H.R. 1466がイミグレーション法であり彼の小委員会によって見直しがされていなかったことであると述べています。


サブラン氏はイミグレーションが米国議会で非常に難しい問題であることを認めました。


彼は、たいていのメンバーが「それに反対しないと言いましたが、それが移民法案で彼らはらはそれを支持しないかもしれないと述べました。それを忘れないで下さい。それは非常に難しい問題です。それで、私は戻って、彼らの持つ懸念を是正する方法を解決することを試み、そしてさらにもう少し彼らに話をします。


同氏はフィッテイェル知事がこの法案に反対するロビー活動をしているにもかかわらず、米国下院議員は未だそれを熟考していることを指摘しました。


それはフロアに行ったとしても、とサブラン氏。


キング氏は「完全にドアを閉じませんでした」と彼は付け加えました。


「我々は彼(キング氏)を説得して、彼の懸念を是正する方法を見つけます。私のここの目的は家族と共に居続けることであり、私はそうするための方法があると考えています」とサブラン氏は述べました。


H.R. 1466はまた、19741月から19791月の間にここで生まれた人々と、CNMI政府に永住権を与えられた人々にも役立つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です