1月15日にロシア人観光客のグアムへのパロール(一時入国)許可開始

米国土安全保障省は115日にロシアからの観光客のためのパロール実施を開始します。


これはロシア市民がもはやビザのための申請に数ヶ月の長い手続きが必要なくなるであろうことを意味します。このパロールはまた、彼らにとってグアムでの休暇もしくはビジネスを容易にもさせます。


このニュースに応えてエディ・B.カルボ知事はグアムの経済協議事項が「島の経済不振を突き破るために少しずつ近づいている」と述べました。次のステップは中国ですと同氏は述べています。


「現金税還付の循環、ロシアからの新たな資金と(インフラ)基礎構造出費、現在の市場からの観光産業の改善は、少なくとも、新しい仕事に導くでしょう。我々は行われているこの経済の勢いを持続しています。我々は廉価住宅イニシアティブに全力投球しています。我々は政府の規制上のプロセス合理化を行うでしょう。我々が税金還付でさらに1億ドルを配布することができるように、我々は債券のシリーズBに取り組んでいます」とカルボ知事は述べました。


更なる訪問者を予期して、グアム観光局は広告と旅行でロシアのマーケットに入る準備を整えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です