キリリ氏の法案の遅れはフィッティエル知事の仕業ではない

米国下院の法案審議日程からグレゴリオ・キリリ・カマチョ・サブラン下院議員の法案が外されたことにフィッティエル知事は何ら関係していません、とサブラン議員は言っています。


先週のインタビューでサブラン氏は、米国籍者の近親者とCNMI永住者にCNMI限定ステータスを交付するであろうH.R.1466について、アイオワ共和党下院議員尾スティーブン・キング氏はフィッティエル知事に話しをしなかったと述べました。


サブラン氏によれば、イミグレーションにおける下院小委員会の副会長であるキング氏は、H.R. 1466に対する彼の反対は法案を阻止する知事の努力と何の関係もないとしています。


「キング氏はフィッティエル知事と話したことはないと言いました。彼によれば、それはフィッティエル知事と何の関係もないとのことです」とサブラン氏は述べています。


サブラン氏は下院審議の前に彼の法案を論じるために一連のミーティングが開催されたと言いました。知事はそれまで共に働いていたと主張した共和党の国会職員は、それらのミーティングに招待されませんでした、とサブラン氏は付け加えました。


NMI共和党の議長を務めるコビナント党の創設者であるフィッティエル知事は以前、サブラン氏の法案が共和党によって支配された合衆国下院を通過するであろうという疑いを表明しました。


H.R. 1466が法案日程から取り除かれた日、知事はリポーターに、審議から取り除かれるか、廃案にされるか、二つに一つがサブラン氏の法案に起こるであろうと述べました。


その日の遅く、彼は天然資源会長ドクター・ヘイスティングス氏についての下院委員会がH.R. 1466 を法案日程から取り除くのを歓迎する声明を公表しました。


サブラン氏はヘイスティングス氏がキング氏の反対が法案を通過させる単純過半数の代わりの票の3分の2を必要としたと言ったとき、彼が法案を取り除いたと言いました。


サブラン氏は彼の法案が未だ下院議会の日程にあると述べました。


「我々はそれに取り組む必要がある」と彼は付け加え、「これは政治的なことではない。これは家族として残るために家族を助けることです」


キング氏は彼の小委員会に照会を行うべきであると述べているために、この法案に反対しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です