イミグレーション弁護士が人事人材責任者に語る

CNMIはパブリック法110-229、連邦化法が実施された後も外国人の従事の必要性は継続するでしょう。従って201411月に終了する移行プログラムの5年の持続延長のためのロビー活動を開始せねばなりません。


イミグレーション弁護士のマヤ・B.カラ氏は火曜日、コモンウェルスが何年もの間労働力に依存している島の経済の利益のために「政治的圧力と同じような」、そして「タイムリーな方法で」5年の延長を求めることは「絶対的に重要な」ことです、と述べました。


「私は、3年で終わる前に、必要とされる5の延長を持つことを考慮しています。我々はそれについて考え始めるのに3年を待ってはいられません」とカーラ氏はNMI人事マネージメントの協会によって後援された「変化を切り抜ける」人事会議での彼女のプレゼンテーションの後のインタビューでサイパントリビューンに語りました。


カラ氏によれば、仕事で資格を持った合衆国労働者が雇われるにもかかわらず、地域経済を維持するために必要な労働力を構成するであろう「十分な機構」がありません。


カーラ氏は、しかしながら、コモンウェルスがただ最後の瞬間まで大惨事あるいは危機のためへの準備をするこの「緊急時の精神性」があるのであれば、5年の延長を求める努力をすぐに始めるべきであることを指摘しました。


あなたの政治的マシーンのエンジンをふかし始め、決定者に話をし始め、そしてその延長がタイムリーに申請されることを確実にしてください」と、カーラ氏は述べ、サイパン商工会議所を含む、異なった雇用者のグループにこの問題を話すことを計画していると付け加えました。


カーラ氏は、もし5年の延長への取り組みが地方自治体から上がれば「最良」であると言いましたが、彼女は外国人労働者の問題の話になると政権は「敵対的である」と描写しました。


「私は、もし彼らがそうしないなら、惨たんたるものとなるであろうから、人々がこの5年の拡張のためにロビー運動をし始めることを希望しています」と彼女は付け加えました。


連邦化移行の5年の延長を求めることに加えて、カーラ氏は同じくビジネスが、合衆国労働者を訓練することについて、投資を開始する必要を強調しました。


「遅かれ早かれ、外国人労働者を保持すること、そして雇用することでの主要な人材資源の出費と困難は消え失せないであろう」とカーラ氏は言いました。「そこで更なる資源を、あなたの事業にとってより良い、この困難な立場に行区必要のない米国籍労働者に訓練を施します」


カラ氏は、コモンウェルス限定ステータス請願の審判官が、このシステムが改善されることで「結ばれる」CNMI条件を使用すること、それについてすぐに学習するであろうために、米国籍労働者を訓練することと雇用することが現地事業者の特典となる、と述べています。


「私はこのシステムが時間外労働を改善するであろうと思いますが、それは十分ではありません。我々はまだ現地参加者、そして外国人労働者を保持し続けることを必要とするであろうと私は思います」と彼女は述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です