サイパン・カジノ法案訴訟のゴベンド判事が辞退

上級裁判所のゴベンド判事は昨日、フィッテイェル知事によって拒否されたサイパン・カジノ法案について、立法議員によって提訴された訴訟の聴聞から自ら辞退しました。


開廷においてゴベンド判事は、彼がこの訴訟で対立するリタイヤメント・ファンド退職基金に関わる訴訟の聴聞を現在行っていると述べました。


提案者は退職基金のためにサイパン・カジノ・オペレーションから得られたギャンブル税を使うことを望んでいます。


昨日の聴聞会の後、コメントを求められたジョセフ・M・Palacios下院議員はただ断定的な判決を求めているだけであるため、ゴベンド氏は辞退するべきではなかったと言いました。


にもかかわらず、彼らはロバート・C・Naraja裁判長が新しい裁判官を指名するのを待つことでパラシウス氏は本件を追求するために「我々は用意ができています」と言いました。


「[サイパン代表団]は下院手続きに応じて行動をしました」とパラシウス氏はサイパン・カジノ法案に言及しながら主張しました。


長年のカジノ提案者の共和党のフロイラン・テノリオ氏は聴聞の後に司法部建物の外でパラシウス氏に会いましたが、コメントすることを断わりました。


パラシウス氏は法廷が、地域法はまた連邦法であると宣言することを望んでいます。


フィッティエル知事を代表するAGO司法局長オフィスは、パラシウス氏がこの訴訟に持ち込む立場に欠けていることを反論している、不利益訴訟で棄却することを現地裁判所に求めています。


AGOは、H.L.B. 17-44あるいは2011年サイパンとノーザンアイランド・カジノ・コントロール法令を拒否権実行でフィッテイェル氏は憲法に「完全に従っている」と述べています。


島のカジノ賭博合法化を支援するフィッテイェル氏は、コモンウェルス法だけがサイパンのカジノを合法化できると言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です