女性が窃盗容疑に答えるよう伝えられる


ANAローズD. Ching被告39歳は2013114日の罪状認否のために上級裁判所に戻ります。

Ching被告は、初期容疑の250ドル相当のiPodとハードロック・カフェで同僚所有の現金700ドルを盗んだ最初の起訴の3日前に逮捕された後、20141224日に2,500ドルの保釈金が課されました。

ジェフリーI. ノリタ刑事は、4ヵ月前に仕事中にスタッフの女性が黒い財布を盗まれたとの通報を得た125日の事件を調査したと言いました。

持ち主は彼女の黒い財布がカウンターの下で、個人のキャビネットの1つの中に確保されていた言いました。

Ching被告は事件当時、勤務中のマネージャーでその同僚の訴えを受けました。

原告は123日の業務中に、彼女が壁掛けチャージャーに接続された彼女のものと認めた黒いiPodを見たと言いました。

原告は同僚にこれについて尋ね、iPodChing被告のものであると伝えられました。原告は、iPodのシリアル番号が彼女のものと合致したと言いました。

同日、それについて相対したとき、Ching被告は原告に誰か共に彼女が100ドルでiPodを質入れしたと伝えましたが、それが誰であったか名前は断りました。

原告は彼女が同額でiPodを買っても良いと言いましたが、Ching被告はそれを売るのを辞退しました。

原告が主張したとき、Ching被告は怒った調子で彼女に言いました。

「それは、私です!私がiPod700ドルを取った。私を責めなさい!」

ノリタ氏は後にChin被告にiPodを質に入れた人の名前を挙げるよう求めましたが、彼女はまだそれをしませんでした。

その名前を伝えないことによって、彼女が窃盗事件の進行中の調査のじゃまをし、それで司法妨害しているとノリタ氏はChing被告に警告しました。

そこでChing被告は協力者の名前を明らかにしました。そして、彼女が言った人物が彼女とiPodを質に入れました。

1212日、ノリタ氏はそれから同僚を聴取し、その同僚は泣き、Ching被告がなぜそのような物語をでっち上げたのか、彼が信じることができなかったと主張しました。同僚もChing被告からお金を借りていることを否定し、彼がiPodを決して質に入れていないことを誓いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です