12,442件のCW-1労働者請願書が提出される


CW-1労働者のための合計12,442件の請願書が、2011107日から20121225日まで彼らの雇い主によって提出されました。

これは、週末にバラエティ紙に統計を出した米国市民権とイミグレーション・サービスの地域メディア・マネージャ、マリー・テレーズSebrechts氏によるものです。

1225日火曜日までに、USCIS6,143件のI-129CW請願書をデータ入力した」とSebrechts氏は言っています。

これらの請願書は、およそ1,880人の異なる雇い主によって提出されたと、彼女は言いました。

これらの請願書で保証人を得た12,442人のCW1労働者がいると彼女は言いました。

現在まで、9,256人の受益者からなる承認された4,974件の請願書がありました。

Sebrechts氏はまた、756人の受益者から構成されている、合計544件の請願書が否定されたと述べました。

更なる証拠の要請への反応を待つまだ未定の申請があると彼女は言っています。

Sebrechts氏は1225日までに350件のI-129CW延長請願書をUSCISはデータ入力したと述べました。  

「この請願書は、およそ177人の異なる雇い主によって提出されました」と彼女は言っています。

合計450人のCW1労働者がこれらの請願書上で保証人を得ていると彼女は言いました。

これらの請願書の合計16件が承認され、17人の受益者からなっています。

2人の受益者からなる2件の請願書が否定されました。

バイオメトリクス(生物測定)の指名でI-129CWsの処理における初期の遅れは早期解決されたことをSebrechts氏は説明しました。

「裁定の大部分の遅れは、彼らの請願書について審理するために必要な更なる証拠を雇い主からの返答を待つ結果でした」と彼女は言いました。

彼女はまた、「CW-1ステータスは1年間のUSCISが承認した日付(請願書が提出された日付ではなく)から1年の失効日で従業員に交付されました。

彼女はまた、CW-1延長請願書の処理が「滑らかに進んでいる」とも言いました。

For more information on immigration benefits, go to www.uscis.gov

出入国管理の利点の詳細については、www.uscis.govを参照して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です