『リゾートがCUC電線網につながれば、より小さな利用者に利益』


Economist.comの常務でユーティリティ・コンサルタントのロバートE.ヤング氏によると、ホテルとゴルフコースもCUCから彼らの電力を得ることになれば、CUCコモンウェルス・ユーティリティ社の普通の地方税納付者は利益を得ます。

CUCはユーティリティから大きな購入を周期的あるいは散発的にだけ必要とする顧客にサービスを行う「重要な経費」が生じているとコンサルタントは付け加えました。

CUCは現在、大きな顧客に毎月の待機請求でキロワット時20ドルの提案をしていると、Economist.comのもう一人の常務のダン・ヴィンセント・ジャクソン氏は述べています。

「大部分の公益企業のように、彼らがそれを使うかどうかにかかわらず、CUCはいつでもすべての顧客にサービスを行うための許容量を構築しなければならず、それはコストがかかります」と彼は付け加えました。

待機請求は200kWを超えている彼ら自身の発電をする大口顧客に適用可能です。

それはまた、CUC配電網に相互接続されているが彼らの電力の10パーセント未満をCUCから購入する大企業にも適用できるとジャクソン氏は言いました。

しかし、この待機請求は、緊急サービスのためにだけ使われる施設を持つ顧客に適用しません。

提案された待機請求はグアム電力局と他の太平洋の電力会社によって徴収される類似した請求に基づくとヤング氏は言いました。そして、それがCUCの既存の「小さな」顧客が大きな顧客によって定期的にのみ使用される容量に支払う必要がないことを確実とすると付け加えました。

定期的にCUCから電力を買う大部分の会社はゴルフコースまたはホテル会社での契約が結ばれていると彼は言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です