コーバンの近くのバー、宝石店、4ヵ月で12回以上強盗に入られる


それらは、ガラパンのパセオ・デ・マリアナスのDPS公安局のコーバン・ステーションから眼と鼻の先にあります。

しかし、2つの事業所は、4ヵ月の間に12回以上強盗に入られました。

所有者は60,000ドル~70,000ドル相当の所有物を失っています。

トニーノスとバー&カフェ・デ・コルマーの所有者によれば、「私は(忍び込んだ泥棒の)数えきれません。ですから私は12回目の被害者にされたとき、数えるのを止めました。」

彼女は身分を明かすのを辞退しました。

彼女は、この記者に彼女の警察への訴えを意味する多数のライトブルーのDPS参照カードを見せました。対応している職員が公式カードを切らしていたので、ひとつは「即興の」カードでした。

「たとえ私がたくさんのカードを持っているとしても、それらは何を意味するのですか?彼らは犯罪を解決していません」と述べました。

コメントを求められて、DPSコミッショナーのJames C.Deleonゲレロ氏は、彼が回答を行う前に、報告書を見る必要があるとバラエティ紙に話しました。

匿名希望の刑事は、DPSがこのビジネス・ウーマンと「密接に働いている」とバラエティ紙に話しました。

ビジネス・ウーマンによれば、銀の宝石、ビーチウェアと他のアイテムを売っている彼女のトニノスは過去20年の間営業しているのと同じく、コルマル・バー&カフェは14年前に開業しました。

それらは当初DFSガレリアの近くにありましたが、彼らは201111月にパセオ・デ・マリアナスへ引っ越しました。

コルマル・バー&カフェは、201211日に初めて強盗に入られました。ビジネス・ウーマンは、彼女が4,000ドル以上相当の丈夫な器材、酒と他の貴重品を失ったと言いました。泥棒はバーの裏口を破壊して入ってきました。

彼女の事業所に打撃を与えた一連の強盗は2013916日に始まり、そして、11月には週ベースで起こっていることをビジネス・ウーマンは話しました。

泥棒は彼女の銀の宝石店とバーから貴重品を取ったと彼女は言いました。彼らは、彼女のフェンスさえ盗みました。

彼女は警察にバーの外でフェンスをとっている2人の男性について警察に話しましたが、「何も起こりませんでした」。

バーの外のスピーカーが盗まれた最新の窃盗は2013123日に起こりました。

「私が得るものは、警察からのより多くのカードです」と彼女は話しました。

彼女は、小さなコミュニティの強盗と窃盗事件がなぜあまりも解決されないのかについて疑問に思っています。

「そして、私が警官に話すたびに、それが私の誤りであるというようです」と彼女は言いました。

「私は、警察に報告しあきています。私が報告しても何も起こりません」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です