2つの法案が$2.5K料金について電子ゲーム法改正を求める

トニーSablan下院議員と上院リーダーのレイYumul上院議員は、サイパンのホテルに置く1機械につき2,500ドルのライセンス料に新しく署名された電子ゲーム法を改正する2つの別々の法案を事前提出しました。

Yumul氏が金曜日に修正案を取り下げも、導入も行うであろうと述べたのと同時に、Sablan氏は今日の審議で下院法案18-158を正式に導入すると言いました。

これは、マリアナ・リゾートのようなホテルがすでに電子ゲーム機の営業のためのそれらの設備をすでに準備しているときに始まります。

Sablan氏が昨日事前提出した同氏の下院法案18-158は、パブリック法18-30、電子ゲーム法のもとに課される2,500ドルのライセンス料からのポーカー機械を除きます。

さらに、HB 18-158は、Sablan氏が火曜日に事前提出したHB 18-57の「訂正」バージョンです。

前の法案は法律の下で「ゲームの純収入の15パーセント」が「10パーセント」だけに不注意に変更しました。

Sablan氏はゲームの純収入を減らすことが彼の意図でないので、彼は1日後にHB 18-158で無傷の15パーセントの純ゲーム収益を事前提出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です