米上院パネルが2019年までCW1、E2Cプログラムの延長を承認


米上院のエネルギーと天然資源委員会は木曜日(CNMI時間の金曜日)に、20141231日以後終わるはずの現在のCNMI限定労働者とE2C投資家プログラムを2019年まで延長するオムニバスの領域法案をクリアしました。

この法案S. 1237は、しかしながら、バラク・オバマ大統領に向かう前に、まだ正式な米上院と下院の投票を通らねばなりません。

これはCNMIが移行期を延長する米国の労働長官トーマスPerez氏の決定を待つことに付随します。その決定は1月に出ることになっています。オムニバスの領域法案は2019年までだけその移行期を延長します。

米下院代表グレゴリオKilili C. Sablan氏は金曜日の声明において、CNMIの外国人労働者の数はまだしかし毎年削減され、20191231日までにゼロにしなければならないと言いました。

彼は、2009年以前にCNMIで企業を設立し、現在コモンウェルスのみのビザを持つ184人の外国人投資家も「2019年の末まで」事業を続けることが許されますと言いました。

Angel Demapan報道官は昨日、イノス政権がCWE2Cプログラムの2019年までの延長を
支持すると言いました。

Sablan氏は、ワシントンD.C.で木曜日の行動に対して、委員会のロン・ワイデン会長(オレゴン州・民主党)と彼の共和党の対立するリサ・マカウスキ氏(アラスカ州)に感謝しました。

ワイデン氏とマカウスキ氏は627日にSablan氏の要請でS. 1237を導入しました。

Sablan氏は前月、HR 2200、ハウス内のコンパニオン法案を編纂して導入しました。下院議員のマドレーンZ.ボダリオ氏(D-グアム)、ドナM.クリステンセン氏(D-ヴァージン諸島)とEni F.VFaleomavaega氏(D-米領サモア)が共同スポンサーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です