DPSが爆竹に対する苦情に行動


DPS公安局のジェームズC. Deleonゲレロ署長によれば新年を迎えるとき、DPSはコモンウェルスの安全を維持する意向です。

一部の居住者は明け方近く行われる爆竹について苦情を言っており、彼らのうちの1人は20082月に法施行された花火管理法P.L.15-127が執行されていないと述べました。

この法律はそれが消防署長によって許可されない限り、花火の販売および使用を違法にしました。

匿名希望の人物は以下のように述べました:「法律は、違反ごとに1年以下の懲役及び500ドルから1,500ドルの罰金が明白に定められています」

コミュニティ・メンバーは「しかし、この法律は実施されていません。サイパンは、交戦地帯のようです。我々の平和は妨げられています。戦闘の結果[心的外傷後ストレス障害]で苦しむ退役軍人は[心的外傷後ストレス障害]は大きなストレスにおかれています。ペット、特に犬は動揺します。市民は負傷する可能性があります」と付け加えました。

コミッショナーのDeleonゲレロ氏は、同部門、「特にホリデー・シーズンの間は花火に関する法律だけでなく、その数が今年のこの時点で増加している強盗と窃盗を含む犯罪に対する法規の施行を強化するためにいくつかの処置をとっています。

Deleonゲレロ氏は、来たる新年祝賀の間にできるだけCNMIを安全にしておく同部門の計画を議論するために新年の前に警察と消防署長に会うと言いました。

「彼らとの私の会談の後、我々の部の広報役員は、我々の努力に関して詳細な情報を公表することができるようにしなければなりません」とDeleonゲレロ氏は昨日Variety紙に話しました。

「現在、私と司法局長JPサンニコラス氏が法律を執行しないかぎり、その苦情に全く功績がありません」と、Deleonゲレロは言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です