早期嘆願書提出をアドバイスされた雇用主


イミグレーション弁護士と米国市民権及び移民サービス職員のダイアンZedde氏は、雇い主に事前に彼らの従業員のためのI-129CW嘆願書をファイルするよう促しています。

HRMHuman Resources Management)人事管理協会CNMI支部の先週のフォーラムで、法律家マヤ・カラとブルースMailman及びZedde氏は労働者の労働ステータスの満期の前に申請提出する必要を強調しました。

カラ氏は、「時間がすべてです。私は多くの雇用主が最後まで物事を残すことがわかります。他の優先事項があります」

カラ氏は、雇い主が早く彼らのプライオリティーとファイルを移すよう勧めました。

「その人のステータス期限が切れるまで、待たないでください」と彼女は勧めました。

彼女は、雇い主が23ヵ月前にそれをすべきであると言いました。

「あなたの手に負えない遅れがあるかもしれません。それは承認を妨げます」と彼女は言いました。

彼女は、従業員がステータスからこぼれ落ちて、働くのをやめたら、雇い主と従業員が共に苦しむと言いました。

「それはとても不当です。それは、雇い主と従業員を悪い状況の中に入れます」と彼女は言いました。

カラ氏とMailman氏の見解は、雇い主が早く彼らの嘆願書を提出することは、長い目で見て費用効果にとって良いことです。

彼女の意見として、Zedde氏もまた、HR実務者と雇い主にCWステータスが失効する前の6ヵ月の早い時期にすべての関係する文書を含めた申請を始めるように促しました。

彼女は2019年までの移行プログラムの延長であっても「アプリケーションの変更はありません」と述べました。

しかし、移行の意図は移行する労働者の数を減らすことであったことを彼女は指摘しました。

彼女は、「従業員が現在ステータスにいることを示す」ために給与明細を提出することの重要性を注意しました。

Zedde氏は、労働者が解雇される、あるいは給料適用にもはやない場合、従業員は彼または彼女のCW1ステータスを失います。

 

CW嘆願書をファイルすることにおける一般的エラー

メールマン氏とカラ氏は、処理の送れ、あるいは時々不承認さえ引き起こすCW嘆願書を雇用主がファイルする際の一般的間違いについて話しました。

メールマン氏は、最も一般的間違いが雇い主が嘆願書を申請する前に先ず求人広告をすることですと述べました。

「あなたが広告する前に、嘆願書をファイルすることは、良い考えでありません。それは却下及び労働ステータスの停止に終わります」とMailman氏。

彼は、雇い主がしばしば証書要請RFEあるいは拒否を意図する通知NOIDへの対応を間違うと付け加えました。

Mailan氏は、雇い主がタイムリーにこれらの要請に応じると忠告しました。

あげられるもう一つの間違いは、労働者にRFEまたは否定を知らせることに関する雇い主の怠慢です。

雇い主は間違いをして、従業員は負担をもたらすと、Mailman氏。

カラ氏は、労働者は一種の放置や雇用者の過ちの犠牲者となっていると述べています。

「我々は何らかの法的要求がなければならないと思います、雇い主が通知を受け取るとき、労働者には知る権利があります。現行法のもと、彼らはそうはしません」と彼女は言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です