ゾーニング(地区制)理事会がレストランの条件つき使用申請を承認


サイパンZoning委員会が条件付き使用法申請を承認したことで、新しいカフェ&レストランはフィナシスですぐに営業されます。

ロベルトズ・カフェ&レストランを経営するPCC社は、ビーチロードのゴールド・ビーチ・ホテルからフィナシスのAchiveレーンの角のTun Jaoquin Doiロードにそれを再配置します。

Zoning理事会の会議でPCC社を代表したダニエルPacala氏は、十分な駐車場が彼らの新しい場所にあると言いました。

ゾーニング(地区制)監督官のテレーズOgumoro氏は、会社によって提供された駐車場が「合理的である」と述べて同意しました。

1,000平方フィートの施設ごとに、ゾーニング・オフィス、8つの駐車場を義務付けています。申込者のレストランは900平方フィートをカバーします。

Ogumoro氏は、ロベルトズが顧客が中で食事をする必要がないかもしれない「grab n’ go』レストランであると言いました。

使用はレストラン、ドライブスルーと分類されて、条件つきの使用としてその地区で許可されていると彼女は付け加えました。

ディエゴD・ブランコ会長に率いられた理事会は同じく、I Love Saipanを経営するACパシフィック社の条件つき使用も承認しました。

同社は、居住村地区として指定されている、チャイナタウンのHusga通りに倉庫施設を持つことを計画しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です