FICAが物価上昇を起こす可能性


サイパン商工会議所の会長が「アンフェア」と言っている、一時的CW労働者における連邦保険料税法の賦課は、CNMI事業の高い労働コストと消費者価格の上昇ももたらす可能性があります。

201511日から、CW従業員は彼らの給与(小切手)から6.2パーセントの社会保障料と1.45パーセントのメディケア(老人医療保障料)の控除に直面することになります。

2019年にCWパーミットは終わりますが、FICA給付は最低10年間支払われた人々にのみ有効です。臨時労働者である、グアムのH2ゲストワーカーはこの課税から免除されています。

サイパン商工会議所のアレックス・サブラン会長は、「従業員が給付の対象とならないという極端な可能性がある場合、雇用主と従業員の両者への税コストは意味をなさないと述べています。

ビジネス・エグゼクティブのシャーリー・サブラン氏は、雇用主はまた、彼らの全体的な経営コストに付加される、その従業員が獲得したすべてのドルに対するFICA税の雇用者の割り当ての責任も負います」と述べました。選ばれたCW保有者に課されるFICA税の免除は企業に多くの救済をもたらしました。FICAは、両方のシステムに支払った個人への将来の利益を提供するように設計されているように、この税の免除は、雇用者と影響を受けた従業員の両方の意味があります」

「移民ステータスとFICA税の義務との間に直接的な相関関係があるはずです」と彼女は付け加えました。

アイラブサイパンの所有者Alex ByungKu Youn氏は、この税金は7.25ドルの連邦レベルに到達するまで、9月に施行された、その最低賃金(現在$6.05)を徐々に上げることも義務付けているCNMIで事業を行うコストにおける別の引き上げであると述べています。

Youn氏は、CW労働者がそこから給付を受けるならば、FICA税を支払うことを躊躇しないであろうと述べました。

しかし、多くは、CWパーミットの数が今後5年間で毎年減少することになっていることを考慮しません。

Youn氏のアイラブサイパンは約35人のCW85人の他の従業員を雇用しています。

テニアン商工会議所の議長兼会長、フィリップ・メンディオラ・ロング氏は、企業が顧客に付加された費用を転嫁すると予想しています。

「あらゆる追加コストは消費者に引き継がれることになります。したがってFICAなどのような、コストアップがある場合、その追加の費用(税)はその価格を増加させることによって、ほとんどの企業に吸収されます。」と彼は述べました。

彼は、ほとんどの企業が価格を増加させることによって、FICAからの追加コストを相殺することを検討することで、来年消費者はガソリン価格及び食料品店で価格の上昇を見ることになる可能性が最も高いと述べました。

「私は、しかしながら、CNMIの労働者の特定の国籍に適用されていないFICAが雇用する判断に関する直接的な影響を持っているというKililiサブラン議員に同意しない」とメンディオラ・ロング氏は語りました。

人件費での7.65​​パーセントのFICA税の節約は、「非居住者労働者だけを雇用することでコストを削減し、経費を削減しようとする若干の雇用者のためのインセンティブの一つの経糸」です、と彼は述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です