ダイナスティ・カジノ閉業はテニアン政府職員43人に影響


43人の政府職員(地方公務員)がテニアン・ダイナスティのカジノ閉業の結果として職を失うことになるかもしれません。

火曜日の記者会見で、テニアン市長のジョーイ・パトリック・サンニコラス氏は契約が更新されないダイナスティ・カジノ収益によって資金供給されているポジションの地方自治体の職員に通達を与えたと話しました。

「我々のゲーム産業によって資金供給される雇用契約を更新することができない場合があることを、あなた方に知らせるのは心苦しく、そして大きな失望です。ダイナスティのカジノのフロアが閉じられている限り、そして、島民を雇用する我々の能力を支える我々の地方財源も同じです」と市長は述べました。

サイパンに直撃した台風Soudelorの後、及び、それに伴う中国からの欠航便で観光客の激減のために、テニアン・ダイナスティはテニアン・カジノ・ゲーミング・コントロール(賭博管理)委員会に一時的に閉めることができるかどうかを尋ねました。この要請は認められ、閉業は814日に実施されました。

観光産業の低下で、そのすべての営業を行い続けることは経済的意味をなさないということを、バラエティはダイナスティから知らされました。

「カジノを閉鎖することはまたダイナスティに、強化された監視システムを設置して、アップデートされたコンプライアンス・プログラムを実行する機会も与えます。会社の長期の計画は施設資産を改善してテニアンに観光客の数を増やすため、さらなる資金提供とともに新しいオペレーターを引き入れるものです。その計画は変わっていません。そして、ダイナスティは監査機関と投資家との調整により多くの努力を投じ続けるものです」と、バラエティは伝えられました。

休業要請は最高3週間まででしたが、新しい投資家、テニアン・エンタープライズ社がカジノを管理する免許を得るまで、カジノはオープンできません。

カジノ従業員は同社によって誰も解雇されないことを保証されました。

彼らのI-129CW請願書に関連したUSCIS米国市民権とイミグレーションで保留中の控訴のために別会社に移ることはほぼできません。

火曜日に声明においてサンニコラス市長はまた、資金が利用できるようになるまで、補足的な医学照会援助、若者プログラムと他のコミュニティ・イベントのようなコミュニティ・プログラムの中止も発表しました。

「我々のゲーム産業からの収益を得始めることが可能になるそのような時まで、テニアン・リーダーシップは、我々が収支を合わせるのを助けるために資金を再配分し、再優先順位を決めて、明確にするため一生懸命働いていることを確認することをどうか確実にさせて下さい」と市長は話しました。

ダイナスティはテニアン最大の民間事業雇用主主で、2014年に島のカジノ税収はおよそ278万ドルであると推定されま
した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です