すべての公共リースでCUC接続を義務付ける法案を上院が可決


上院議会は、現地の送電網に接続し、使用しなければならないという条件を含めることをすべての公有地リースに義務付ける法案を可決しました。

上院法案12-50SD1は、賃借人がそのリースの期間中にCUC社に接続するという条件をすべての公有地リースが含むことを命じるコモンウェルス規準を改正します。

この法案は、この条件が提案された開発電力要求と既存のローカル発電容量が開発の電力に対して提供することが可能であるという決定のCUCの評価を対象とするものであると述べています。

必要に応じて、提案された開発の更なる電力を満たすために送電網への改善とアップグレードの料金を払うことを、賃借人が要求されると、法案は述べます。

既存の発電が電力のニーズを満たすことができないならば、賃借人がこの条件から免除される場合があると同法案は述べます。

「コモンウェルスで事業を行うことを望む投資家は、島のインフラ(基盤)の開発と強化に貢献するべきである。そのような開発に貢献する1つの方法が、CUC送電網に接続し、使用することがそのような投資家とビジネスのためのものです」と法案は述べています。

「この公有地リース条件はすべての電力利用者の間に発電の費用を広げ、CUC電力システムをアップグレードし、改善し、維持するのに必要なより多くの基金を生み出す」と法案は示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です