消防士がラオラオベイで溺死


CNMIはラオラオの東岸湾での溺死事故で、水曜日に一人の消防士を失いました。

DEFMS消防救急医療サービス部門の広報官デレクGersonde氏によると、レイモンド・ビラゴメズ消防士21歳はCPAコモンウェルス港湾局の航空救助隊員でした。

同氏は、水曜日午後146分、DFEMSがラオラオの東岸湾で溺死事故を報告する男性からの通報を受けたと話しました。

捜索・救助からの人員がすぐに起動され、ラオラオ湾の岸壁に沿って捜索を行いました。

彼らは最終的にラオラオ湾の遠方区域の海浜に横たわるビラゴメズ隊員の遺体を発見しました。

Gersonde氏によると、船舶保安ユニット・ゾディアック3が、ガラパン消防署からのメディック5が待機していたスマイリング・コーブ・マリーナに遺体を搬送しました。

「遺体は既に収納袋に収められていました」と同氏。

遺体は午後442分にFarzan 医師がビラゴメズ隊員の死亡を確認したCHCコモンウェルス・ヘルス・センターに持ち込まれていました。

インタビューでGersonde氏は、捜査によれば、ビラゴメズ隊員は事故の前、釣りをしていたと話しました。

CPAのマリアンQ.リザマ局長は彼らの消防隊員の一人を失ったことに悲しみを覚えると述べています。

消防士がラオラオベイで溺死” に対して1件のコメントがあります。

  1. サイパンダ より:

    亡くなったのは、たぶん友人の息子だと思います。
    なんと言ったらいいか、言葉が見つかりません。
    お悔やみ申し上げます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です