街灯法案、カジノでの24時間アルコールの販売と摂取可能を下院が可決


下院議会は木曜日、CUCコモンウェルス・ユーティリティ社にもう一つの経済的負担を負わせることになる法案とカジノで24時間アルコール販売と摂取を許す法案を可決しました。

公共及び住人用連絡道路の街灯の操作・管理に関するすべての経費および費用の支払いをCUCの任務と責任に含める上院法案19-30の通過に15人のメンバーが賛成票を投じました。

反対票を投じた5名は、ジョセフ・デレオン・ゲレロ下院議長、下院少数派リーダーのラモン・テブテブ議員、エドウィン・プロプスト議員、ラルフ・ユモル議員とローマン・ベナベンテ議員でした。

彼らはCUCの現在の財政難を指摘し、もし同機関が街灯への予算を組めなければ彼らが業務閉鎖することになる懸念も説明しました。

現在、街灯の経費は、Sixto Igisomar上院議員とArnold Palacios上院議員が編纂者であるこの法案を支持しているDPW公共事業局によって負担されています。

CUCは、もしこの法案が法制定されれば更に200万ドルの損失が生じるであろうと述べています。

下院議会はまた、コモンウェルス規準の第5章、ディビジョン5、タイトル4の特定のセクションを改正、破棄及び再法制定するために新たなセクション8を追加するタイトル4CMCセクション5526を改正する下院法案1987についても審議しました。

リーパン・ゲレロ下院議員は24時間体制でアルコールを販売することをカジノに認める法案を導入しました。

指導部の全11人のメンバーがこの法案の通過に賛成票を投じ、少数ブロックのメンバー9人が反対票を投じました。

「その独自の税率を設定しタバコのような課税が行われているものとは別けることになる」リーパン・ゲレロ下院議員の法案1976も投票128で可決されました。少数派ブロックのアンソニー・ベナベンテ下院議員は指導部と共に法案可決に投票しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です