Quitugua氏が年金資金不足是正に電子ゲーム機からの追加料金を望む

Justo Quitugua上院議員は退職年金25パーセント削減回復の際の200万ドルの不足分を是正するため電子ゲーム機からの徴税を増やす立法を導入しています。

ベストサンシャインによって支払われた1500万ドルの年間カジノ・ライセンス料から、ティニアンとロタの退職者のための25パーセントがこれらの諸島の200万ドルの配分の各々によってすでにカバーされたと、Quitugua議員は言っています。

しかし、彼はサイパン退職者への割り当ては200万ドルの不足であると述べました。

最近のサイパンとノーザンアイランド立法代表団の審議において、Sixto Igisomar上院議員は彼の同僚に、とりわけ、コミュニティ・プロジェクトに対して出費政策を裁可しないよう、また、年金削減の回復を優先させることを促しました。

BJ Attao下院議員は、1000万ドルだけに代えてカジノ料金の1500万ドル全額が退職者へ行くべきであるとの意見を述べました。

Quitugua氏の上院法案19-75は追加料金を電子ゲーム機に課します。

CNMIでの電子賭博を合法化したパブリック法18-30は、電子機械ライセンス料から生み出される収入は退職者年金基金の一部を割り当てますが、Quitugua氏はこの配分が十分ではないとしています。

彼の法案によれば、生み出される追加資金は退職者年金のために「リタイヤメント・ファンドの目的に充当されるべきである」としています。

25パーセントの退職掛け金の過剰で発生する資金は、「いかなる公共目的に対しても[サイパン代表団]によって予算が割り当てられるべきである」としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です