CUCが消費者使用のための電力生産を20%上げると発言

今年の1月から、消費者の使用のために生成された正味の電力は20パーセントまで増加しました、とCUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社のゲーリー Camacho部長は話しました。

CUC理事会への報告の中でCamacho氏はまた、1月から9月まで電力販売において22パーセントの増加も指摘しました。

「理想的には、生産された正味電力のレートと販売が直接関連づけられるべきです」と彼は理事会に伝えました。

2つの測定法(規準)の間の矛盾が、政府の顧客から集金された収入の一貫性における不規則に帰されるものかもしれない」とCamacho氏は言っています。

1月から9月まで、 CUC9パーセントの平均電力を喪失しました、と彼は述べ、さらに、この損失は「変圧器縮小への取り組み中に、住宅の、そして商業の顧客の負荷要因を最大にするエンジニアリングの取り組みの結果に帰される」と付け加えました。

「効果的な検針と検診人たちの回収行動が低損失平均値に寄与しました」と彼は言いました。

Camacho氏はまた、CUCがメーター援用を公表したと付け加えて、11月に居住家屋に関わる6件のメーター不正変更も報告しました。

「メーター不正変更の結果として収入損失はすぐに矯正されるでしょう」と彼は伝えました。

CUCのコールセンター・オペレーションに関して、Camacho氏は11月の電話問い合わせ8,463件の7,589件に答えたと述べました。

同期間で、CUCは電力で117件、水道で186件、下水で12件の315件の作業指示を産み出したと彼は付け加えました。

彼は、彼らが同じく1,339件のトラブル記録(電力で315件、水道で991件、下水で33件)も抱えていると言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です