カジノ委員会がベストサンシャイン施設を点検

CCCコモンウェルス・カジノ委員会は、以前グランド・マリアナ・リゾートとして知られていたBSIのインペリアル・パシフィック・リゾートが来年、ガラパンで開業する際、使用されるであろうシステムの完全性、公正と正確さを判断するベストサンシャイン・インターナショナルのテストベッド(試験台)能力を点検すると言っています。

火曜日午後のミーティングで、委員会のフアン Sablan議長は彼らが今日水曜日にBSI施設を訪れるであろうと話しました。

安全管理エウジェーニオ・ソーサ(Eugenio Sousa)のBSI 副社長は、施設はテストと点検の準備ができていると述べ、彼らが24時間ベースでその区域に要員を配置している警備員を抱えていると付け加えました。

「テストベッド・ファシリティは、我々がカジノ・システムをシミュレートし、そしてテストすることができるようにセットアップされました」と彼は電子メールで「バラエティー」に伝えました。

「すべてのハードウェアとセキュリティー、監視、インフォメーション技術、ゲームとケージのような異なった課のためのソフトウェアはインペリアル・パシフィック・リゾートの配備前にテストされるでしょう。ゲーム委員会による点検は、委員会のIPIの実行プロセスの理解と承認を促進するためのものです。同時に、点検はシステムの完全性と正確さを維持するのを助けるでしょう」とソーサ氏は付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です