MV Lutaの所有者「どんなローンですか?」

登録された Luta マーメイド有限会社 / MV Luta号の所有者は連邦裁判所に船を売らないこと、そしてその逮捕が無効であることを宣言するよう求めています。

Abelina ・T・ Mendiola氏、Deron・T・Mendiola氏とフィデル・S・Mendiola氏はまた、裁判所法廷に原告、タカヒサ・ヤマモト氏が船舶所有権におけるジョイント・ベンチャーのパートナーであるとも伝えた弁護士ウィリアム・M・フィッツジェラルドによって代理人が務められています。

ヤマモト氏は契約違反、詐欺と不当付加価値に対してビクター・B・ Hocog 副知事とMV Luta 所有者を訴えました。 ヤマモト氏は、彼が今売却を望むこの船の購入に対する3百万ドル以上の負債があると述べています。

しかしながら、NMI地方裁判所に提出された彼の請求申請において、フィッツジェラルド氏はヤマモト氏の申し立てが、その問題の資金が投資ではなくローンであったという彼の見解を裏付けるいかなる現地文書を示していないと言いました。

ドキュメンテーション(文書化)の欠如は「ヤマモト氏が日本でライセンスを与えられた税金会計士であり、そして Abelina Mendiola氏が単純に主婦であるということを考えた場合、なおさら驚くべきことです」とフィッツジェラルド氏は述べました。

フィッツジェラルド氏は、ヤマモト氏Abelina Mendiola氏、LutaマーメイドLCC の社長の間での取引が個人的な関係に基づいていたと言いました。それはジョイント・ベンチャーであり、そして彼らは5050を基本にいかなる利益も共有するはずでした、と同弁護士は付け加えました。

彼はまた、参考文献として、ヤマモト氏と、その夫がフィデル・S・ Mendiola氏である Abelina Mendiola
との間の電子メールのコピーも裁判所法廷に提出しました。
Derron Mendiola氏は彼らの息子です。

フィッツジェラルド氏は、それが「船の所有者の1人による海事先取特権の不法な申し立て」であると付け加えて、裁判所法廷に、聴聞(ヒアリング)を延期し、そして/あるいは、MV Luta号の拘引を無効にするよう求めました。

彼は、ジョイント・ベンチャーは、「彼らが船舶への訪問者ではないように」、彼らが権利を持っている中での船舶に関して正当な海事先取特権を持てないと言いました。

フィッツジェラルド氏は普通の状況下で、船の共同所有者が共同所有者に対して先取特権を得ることができない、そして規則の意味するところでの、船を所有している会社の株主が共同所有者と見なされると言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です