Anaks(アナックス)のホームオーナーが裁判所法廷に(憲法)第12条訴訟を却下するよう求める

ANAKSオーシャン・ビュー・ヒル・ホームオーナー協会は、弁護士ジェニファー Dockter氏を通してCNMI高等裁判所に、救済が与えられる際のクレームを明記することができないとして、アレン・ペレス氏が所有するAnaks インベスタ―LLC(有限会社)の(憲法)第12条訴訟を却下するように求めました。

Anaks インベスター社はAnaksオーシャンビュー・ヒルの権利、131の住宅ユニットに付随する公共区域から成り立つコンドミニアム・スタイルの住宅開発を表明しています。

2015129日、Anaksインベスター社はマニュエルS氏とルイーズ・P・Villagomez ファミリー・トラストによって所有されている不動産に対して,973,200ドルを申し出ました。

しかしながら、不動産所有者との彼らのリース合意を引合いに出して、ホームオーナーたちは、彼らが任意の第三者によるトラスト(信託)へのいかなる正規の申し出に関しても優先交渉権を持っていると言いました。

弁護士ダニエル・T・ Guidotti氏を通して、Anaks インベスター社はその後、ホーム・オーナー協会がCNMI憲法第12条の下で北マリアナ諸島家系ではなく、そして更新権利を含む55年以上の定期リース権及び自由保有不動産の権利を含むコモンウェルス内の不動産における長期あるいは永久の権利を取得できないと主張している訴訟を提出しました。

Dockter氏は、Anaksインベスター社ANIが、ある特定の状況の下で北マリアナ諸島家系の人物としての資格を持つことができるCNMI法に従った会社ではないことを指摘しました。

彼女は、「会社」と「有限会社」は入れ替えることが可能な(用語)ではないため、ANIがコモンウェルスで不動産を所有することができる法人(実体)ではないと言いました。

「それらは、それぞれはっきりした特徴を持っていて、異なった法律によって管理されるたいへん異なる法人です」

ANIの唯一の所有者、アレン・ペレス氏はブリッジ・キャピタルLLCの元従業員であり、そしてANIの弁護士Guidotti氏もブリッジ・キャピタル社の元従業員です。

ANIの事前勧告請求申請に対するホーム・オーナーたちの反論の中でDockter氏は、ブリッジ・キャピタル社がこの取引での少なくとも貸し主ではあるが、多分ANIでのより積極的な役割を持っていると述べました。

Dockter氏は彼女の却下請求申請で、この訴状はANIが不動産の長期所有権を獲得する能力を持っていないために却下されるべきであり、そして「ANI、ホーム・オーナーとトラストの間の訴訟あるいは論争はない」と繰り返して言いました。

このように「ANI が土地リースを争う立場にはなく、そして、当法廷はANIに救済(措置)を与えることができません」。

加えてDockter氏は、コモンウェルス法が第12条を、彼らが「返還」を求める不動産の権利あるいは所有を保有した当事者に制限していて、ANIが返還を要求することはできないため、ANIは第12条訴訟を基本とするクレームクレームを法廷に持ち込むことができないと言いました。

「第12条訴訟を認めている法規は、かつて所有を保有していて、その後にそれを失った、そして今、それが返還されるようにすることを望んでいる人物を識別することを明らかに意図している」とDockter氏は述べています。

ANIは返還可能な不動産における所有権あるいは不動産の所有を一度も保有したことがない。最後に、たとえANIが第12条の下で訴因を持ち込むことができたとしても、クレームは時間切れであり、ANIは出訴期限法の例外を確立する事実を弁解し損ねました」

苦情は権利を害することで却下されるはずです、とDockter氏は言いました。

ANIは不動産におけるフィー・シンプル所有権を購入することを望んでおり、そしてそのゴール達成を助けるために当法廷で救済を求めました。当法廷は、ANI がコモンウェルスでの不動産における長期権利を保有することができないため、そしてANIは、更に、第12条に従って異議をもたらすことができないため、救済要請をANIに認めることはできません」と彼女は結論付けました。

事前勧告に対するANIの請求申請は先週、ロバート・C・ Naraja裁判長によって advisement(熟慮)の下に置かれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です