すでにキリリ氏がCWの誤分類に関してUSCISと取り組む




ワシントンD.C.CNMI代表オフィス)グレゴリオ・キリリ・カマチョ・サブラン(Gregorio Kilili Camacho Sablan)米下院議員は、米国市民権移民局に新規建設労働者として間違ったCW申請者のあらゆる特定事例を見直す予定です。

USCISは同議員が申請者と政府機関との協議を経て、最初に却下された申請に対してすでに許可を発行しています。

サブラン氏は木曜日にラルフ・トレス知事への書簡でこの成功を説明し、知事に援助のためにあらゆる類似の事例を議会事務所に送るように求めました。

CC で北マリアナ・ビジネス・アライアンス・コーポレーション(Northern Marianas Business Alliance Corporation)に送られた同下院議員の文書は以下の通りです。

 

「親愛なるトレス知事」

「先週ワシントンで北マリアナ・ビジネス・アライアンス・コーポレーションと会見したとき、皆さんは、トランプ政権が米国パブリック法115-53をどのように実施しているかについて懸念を表明しました」

「あなた方は、新しい法律が新規建設労働者のCW許可の使用を禁じているために、USCIS米国市民権移民局が、ガーディアン、ホテル・メンテナンス、CUCのエンジニアにコモンウェルス限定暫定労働者許可の申請を間違って拒否しているケースがあると言いました。私はこの解釈が法の意図と矛盾すると思われることに同意します」

「これらの具体的なケースや、新規建設労働者としての誤分類が発生したと許可申請者が思っているものを私に送ってください。私は迅速かつ的確に審査を受けるため、USCISに議会の調査としてその事案を速やかに紹介します」

「事実、議会の事務所はすでに3件の事件を扱いました。 2人の誤分類が訂正され、許可が与えられました。第3のケースの決定は保留中です」

「ご存知のように、パブリック法115-53の目的は、CW労働者に頼っている現地の事業者を、5,000人ものCW許可を使い切った、2016年に始まった新規建設労働者の洪水から保護することでした。私はすでに助けを求めて私のところに持ち込まれたケースのように、地元のビジネス・コミュニティや旧CW労働者への危害を防ぐためにできることをすべてやり続けます」

連邦政府に関する移民やその他の問題に関する議会の援助を得るには、サイパン、ティニアン、ロタの議会に連絡するか、https://sablan.house.gov/serving-you/help-federal-agencyにアクセスしてください」

「すべてのケースは完全な機密性で処理されます」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です