「可能だが保証はない」NMBAC「可能なCW上限13K」




NMBAC Northern Marias Business Alliance Corp.)によると、CNMI限定移行労働者プログラムは要求された数字には拡張されないが、2019年以降の別の、あるいは同じ形式で拡張されることになると楽観的です。

NMBACの役員ヴィオラ・アレプヨ氏は、先週火曜日にススペのマルチパーパスセンターで行われた討論で、ワシントンDCへの出張は「基本的道路舗装」を意図したものであり、様々な議会委員会CNMIがこれまで行って来たこと、そしてCW問題に関して政府と民間セクターが進めていく必要のあることを話し合いました。

「われわれが彼らから得たことは、そうです、彼らがCWは必要であると理解していますしかし、私たちは私たちの要求の一つであった18,000人の労働者を得ることはありません。彼らはまた、3000人削減後の現在の9,998人が十分ではないことに気づいた」ことも述べました。

Alepuyo氏は、13,000スロットが可能な数であることは通知されているが、保証はないと言っています。

「私たちは彼らに、13,000人は非常に感謝するものであると説明しましたが、この数字は現在の状況を維持するため、現状維持に役立つだけです。私たちはサンアントニオのアーネストホテル、ガラパンのIPIホテル&カジノ、そしてサンロケのマイケルクワンのホテルが開業すると直ちに我々が必要とする労働力に何が起きるかについては言及していません」と彼女は言いました。

Alepuyo氏は、これらの新しいホテルプロジェクトは、CNMIの急成長するホスピタリティ業界のための追加の客室であると話しました。しかしながら、労働者がなく、ホテルのオーナーはその部屋で何をすれば良いのかと彼女は尋ねました。

「再度、我々は13000スロットに感謝するが、それは経済を成長させるのに十分ではない」と彼女は付け加えました。

NMBACのアレックス・サブラン会長は、18,000件のリクエストは、CNMIで建設されている客室数と現在の開発状況に基づいていると語りました。

トレス知事は、「私たちがそれを維持すれば、それは私たちの経済がそれだけ成長することができるということを意味します。私たちの労働力が安定した経済です。しかし、労働力を増やさなければ、経済も伸びないだろう」と述べました。

 

「労働力は十分ではない」

NMBACが下院や上院の様々な委員会と会合において、同グループは、CNMIを取り巻く十分な米国市民及び米国人適格労働者がいないことを強調しました。

「われわれはCNMI政府から要請されているデータを持ってきました。彼らは、過去に外国人労働者を撤退させて米国市民に仕事を割り当てるために、政府と企業界が何をしたのかを知りたがっていました」とAlepuyo氏。

「私たちは報告書を提出することでそれを行いました。私たちが雇用されていないすべての米国市民に雇用を与えたとしても、まだ十分ではなく、CNMIで必要な労働力に対応していないことを説明しました。

Alepuyo氏によれば、独立した政府機関であるGAO米国政府会計検査院でさえも、CNMICWプログラムなしで生き残ることはできないと述べたとしています。

20175月に発表されたGAOの報告書によると、北マリアナ連邦の労働市場は拡大しており、引き続き外国人労働者に依存しています。 2015年には、外国人労働者がCNMIの労働力の半分以上を占めていました。

GAOの報告書はさらに、国土安全保障省は、2019年末までにCNMIで働くことを許可された外国人全てのCW許可を廃止することを目標としていると述べました。しかし、経済研究所の分析によると、外国人労働者なしでは、CNMI2015年の国内総生産2662%削減となります。

Alepuyo氏は、CNMI経済における62%の低下は単純な問題ではないと述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です