キリリ氏が拒否されたCW-1ビザを持つ雇用主に申し出るよう奨励




米議会代表Gregorio Kilili C. SablanInd-MP)米下院議員、一般保守作業員のCW-1ビザを拒否した事業所に対し、彼の事務所に援助を求めるよう促しています。

クリスマス休暇の間にリリースされた声明で、Sablan氏はビジネスオーナーにSusupeの彼のオフィスを訪れるよう促しました。

「従業員が誤って新建設労働者に分類されていると思う雇用主は、援助のために議会事務所に来ることを私は強く奨励します」と同氏は述べました。

Sablan氏の事務所は、USCIS2017年半ばにSablan氏のH.R. 339が制定された後、総合メンテナンスの職へのCW-1申請を拒否するUSCIS米国市民権移民局の決定を覆すことに取り組んでいます。

Sablan氏によれば、H.R.339は、H.R. 339の文言で使用された、一定の建設労働者を指す、米国労働省標準職業分類グループ47-000から派生している建設労働者のみに適用されます。

「メンテナンス、修理、ユーティリティーワーカー、その他の職種はまったく異なる職業分類に属しており、CW-1プログラムから除外されるべきではない」とSablan氏は述べ、彼の事務所とUSCISが「事例ごとにCWC-1の請願すべてをUSCISが審決しているので、彼の事務所とUSCISの「難解な苦情に対処するのは難しいため」特定の誤った分類を持ち込むことは重要である」と付け加えました。

Sablan氏によると、拒否された一般メンテナンス従業員の3つのケースのうち2つは既に取り消されているが、第3のケースについては未決のままです。

サブラン氏は前回のインタビューで、延長で何の堅実性も除外されておらず、法案自体はまだ書かれていないと述べましたが、米国議会がプログラムを延長することを支持するであろうと楽観的なままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です