CUC「燃油価格は上昇するが料金値上げはない」




CUCCommonwealth Utilities Corp.)エグゼクティブ・ディレクターのGary Camacho氏は、石油価格のわずかな上昇にもかかわらず、1月の電力料金の引き上げはないとの見通しを明らかにしました。

燃料調整費用は1キロワット時0.18231ドルのままであると付け加えました。

同氏は、モービル・オイル・マリアナス(Mobil Oil Mariana Islands Inc.)は、12月から1月のシンガポールのプラッツ・アット・シンガポール月間価格のわずかな上昇についてCUCに通知したと話しました。

しかしながら、カマチョ氏によれば、燃料消費量の1ガロン当たりの平均燃料費の増加率は4.5%には達していません。

CPUCコモンウェルス公共公益委員会は、石油の価格に基づいて燃料調整料金FACレートを変更する権限をCUCに与えています。

しかし、このような調整は、プラッツ・シンガポールの月額平均値が、FACレートの計算に使用される燃料1ガロン当たりの平均コストの4.5%の差に等しいかそれを超える場合にのみ行われます。

FACは、燃料および燃料関連コストを回収するために、2009年にCUCによって制定されたレベル調整されたエネルギー調整条項LEACレートとして以前は知られていました。

20155月、CPUCは、CUCLEACの名前をFACに変更する権限を与え、顧客にレートのよりよい理解とより正確な説明を提供しました。

FACは燃料の購入に使用され、CUCの電力料金を構成する2つのコンポーネントの1つとして機能します。もう1つの要素は、CUCの運営、プロジェクト、債務返済に資金を提供するために使用される電気基本料金です。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です