OPA「公職から政治の排除」




公認会計士事務所は、公務員が政府の時間と財産を政治目的で使用しないように注意しています。

政府機関の支部支店や事務所への書簡の中で、公認会計士のマイケル・パイ氏は、最近OPAは「政治的目的のために政府の時間と財産の使用に関する複数の苦情を受けている」と述べました。実証されれば、これらの苦情は官僚と公務員に適用される絶対的禁止を含むコモンウェルス倫理法の違反に相当します」

同氏によると、この苦情は、労働時間中に政治家候補者のために嘆願書の回覧があり、政治資金調達のイベント宣伝と寄付を求めるために政府のコンピュータと携帯電話が使われていたと主張しています。

「これらの活動は、実証されれば犯罪行為を構成するもので、参加している官僚及び公務員に対して司法制裁が科されます」とパイ氏は付け加えました。

彼は、政府職場における他の不法行為には、政治家候補者に恩恵をもたらす昼食の販売、政治募金活動のチケットの販売、政治活動のためのボランティアの募集などが含まれると述べました。
「これらの活動は政府の官庁や政府の時間には行われるべきものではない」とパイ氏は付け加えました。

OPAは政府の部局や事務所の監督官に、そのような活動を禁止し、不適切な政治活動をOPAに報告するよう求めている、と彼は伝えました。

政府職員は政府の職場から政治活動を排除しなければならないと同氏は述べています。違反については、匿名でopacnmi.comまたは322-3937に報告できます。

「苦情はしっかりと調査され、立証されれば訴追されます」とパイ氏は付け加えました。

OPAは政府倫理法に関して関心のある政府機関にトレーニングを提供していると述べました。詳細やプレゼンテーションのスケジュールについては、Ashley Kost322-3937)までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です