カジノ委員会が事業者に罰金、そのベンダーライセンスを取り消す




コモンウェルス・カジノ委員会は先週、MELマリアナ・エンタープライズ・リミテッド(Marianas Enterprises Ltd.)に対し、暫定ライセンスを取り消し、150,000ドルの罰金を科しました。その唯一の従業員、マ・ホンウェイ氏は4月に連邦捜査局(FBI)によって外国人の不法雇用罪で逮捕されました。

委員会はまた、MEL社のレギュラー・カジノ・ベンダー・ライセンスの申請を却下しました。

20161012日、委員会はMELの暫定的カジノ・ベンダーのライセンスに対する要請を認可しましたが、それは後の3ヶ月以内に正規ベンダー・ライセンス申請を提出することが義務付けられていました。 MEL201721日まで申請書を提出しませんでした。

MELはまた、その従業員と契約に関する情報を提出することもできず、その職員は委員会担当者との面談に現れることもありませんでした。

委員会の命令には、エグゼクティブ・ディレクター・エドワード・デレロン・ゲレロ氏の違反の判断と罪の決定は「あらゆる面で支持されている」と表されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です