5歳児が到着後数時間に死亡




先週水曜日、5歳の日本人観光客がサイパンへの旅行中に腹痛を訴え死亡しました。

DPS公共安全局は水曜日午前147分ごろ、ガラパンのフィエスタリゾート&スパ・サイパンで子供が窒息しているとの通報に対応しました。2分後に到着した警官は、医療従事者が救急車に子供を移しながら心肺蘇生を行っていたのを見つけました。

この児童は、輸送中にCPRを行っていた医療関係者からCHCコモンウェルス・ヘルス・センターの医療スタッフに引き継いだ後、緊急治療室で午前216分に死亡が確認されました。

DPSによると、この児童は先週の火曜日、1226日午後6時に両親と共に休暇にために日本から到着しました。

日本を出国する前とチェックイン中に、被害者は腹痛を訴えました。家族は子供に少年に水を与えましたが、彼は治ることができませんでした。

被害者の父親は、昨日午前12時から午前1時の間に、日本の医療保険会社から手続きを受け、その子供をCHCに連れて行く準備をしたその後に、子供が呼吸をしていないことを発見しました。彼はその時、ホテルのフロントデスクに電話をしました。

サイパン・トリビューンはCHCに連絡し、緊急事態が発生した場合、家族や地元の観光客が何をすべきかを尋ねました。

コモンウェルス・ヘルスケア・コーポレーションのエスター・ムーニャ最高経営責任者(CEO)によると、病院は緊急医療処置法に拘束されています。保険のステータスや支払能力にかかわらず、いかなる人でも安定させて治療するために救急室に出向いてもらうことを病院に義務づけているのが連邦法です。

CHCCの緊急ケアは、年齢、性別、障害、宗教的信念、政治的信念、文化的背景、教育水準、国籍、または給付能力に関係なく、サービスを求めるすべての人に提供されます。

「私たちには、患者のために保険会社に連絡する方法があります。患者がERに連れて来られるとき、優先順位は患者を治療して安定させることであり、後に財務について尋ねます。これは、地元であれ観光客であれ、いかなる人も同じです」

「患者や家族が保険会社を確認するための支援システムがあります。私たちは電話、電子メール、またはファックスで通信を行いますが、治療が最初に行われた後でなければなりません」

ムーニャ氏は、特に旅行者が米国の土地に旅行している場合、旅行保険や健康保険会社がその特典(恩恵)を完全に説明することが被保険者にとっての最善の利益になると述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です