テニアン投資家にとって罰金$ 75Mは大きなハードル




Tinian – テニアン・エンターティメント社の筆頭オーナーであるTim Chen氏は、現在廃止されているTinian
Dynasty
ホテルのカジノを引き継いで運営することに関心がありますが、Financial Crimes Enforcement NetworkFinCen)によって課せられた7500万ドルの罰金が大きな懸念だと述べました。

チェン氏は金曜日に香港からテニアンへのフライトをチャーターし、ティニアン国際空港のリボンカット式に参加しました。これは20年間の工事と改装によって今完成したものです。

チェン氏はまた、午後遅くティニアの指導者と会い、ティニアン・ダイナスティに関する計画についても話し合いました。

インタビューでChen氏は、Tinian DynastyHong Kong EntertainmentOverseasInvestments Ltd.HKE)の元オーナーの債権者であり、彼はホテルカジノを改装して再び稼働させることに興味があると述べました。

しかしながら同氏は、唯一彼を躊躇させているのは、反マネー・ロンダリング・プログラムの実施と開発へのHKEの失敗に罰金を課したFinCenへのダイナスティの7500万ドルの債務だと話しました。

チェン氏は、テニアン・ダイナスティに対する交渉は2年前に始まったが、新しい投資家が負うべき大きな債務のために事は進展できないと述べました。

彼はまだホテル再開を望んでおり、「それが、私が投資家を連れてこの島に投資するように説得した理由の1つです。我々は市長と代表団のメンバーとこのプロジェクトを議論する予定です」と述べました。

チェン氏はホテルがすぐに再開できるかどうかわからないと語りました。

「それが可能であることを願います。私は投資したいと思っています。そのため、ワシントンでこのFinCenの問題を解決するためのロビイストを雇ったのです」

上院フロア・リーダーのフランク・ボーハ議員は、負債が「大きすぎる」ため、投資家の苦境を理解すると述べました。

「それは私たちの最大の関心事だ」と同氏は述べましたが、テニアン・ダイナスティの再開は、国際便に対応できる空港の建設を最終的に完了した今、大きなチャンスになるだろう、と付け加えました。

それでも、予備労働力の中で取り組む必要がある他の問題があると彼は言いました。

CPA理事会メンバーのKimberly King-Hinds氏は、適切な労働力の欠如は大きな課題だと語りました。

「あなたが投資家であれば、あなたの関心事は労働者がどこから来るかということです。ホテルを開くことは難しいですここに労働者がいないので。私たちはテニアン・ダイナスティを持っていますが、やるべき改革がたくさんあり、それには私たちが持っていない労働者が必要です。したがって、テニアン国際空港を開設することは、始まりに過ぎず、テニアンの基盤はより多くの投資家を引き付けることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です