電子




カジノ、e-ゲーム施設がアルコールの24時間販売可に

現在、カジノおよびゲーム施設は今、パブリック法19-30の施行規則に基づいて、アルコール飲料を24時間提供することが認められます。

Feb. 7, 2018.

水曜日、商務部のアルコール飲料/タバコ規制課はマルチ・パーパス・センターで、201827日に施行される規制について、小売店、バー、レストラン、ナイトクラブの経営者向けのワークショップを開催しました。

ABTCディレクターのDavid Maratita氏は、アルコール飲料の販売は大きな責任を負っていると述べ、事業所(店舗)は、彼らの従業員がどのようにアルコール飲料の販売と提供に責任を持つかに関するABTC証明トレーニングに出席することを確実にしなければならないと付け加えました。

顧客は「過剰供給」されるべきではない、と彼は更に付け加えました。

カジノのABTCクラス8ライセンスは2万ドルであるのと同時に、eゲーム施設のクラス9ライセンスは10,000ドルです。

また、同ワークショップでは、ライセンシーに必要な月次報告書についても話し合ったとマラティタ氏は語っています。

この規制は、バーやレストランを含むCNMIのすべての小売業者が、酒類とタバコ製品の販売を月単位で報告することを義務付けている、と付け加えました。

「この規制は、酒類の販売やサービスに従事する前に、ライセンシーが当社オフィスの認定を受けることも要求している」とMaratita氏は話しました。

マルチ・パーパス・センターのワークショップには、200名を超える事業所の代表者が参加しました。

「小売業者や経営者に法律と新しい規制について教えることができ、重要な情報を発信できるので、大きな成果をあげていることに我々は満足ですとマラティタ氏。

参加者の1人は彼に、その代理人あるいは従業員の1人が自分で行動して、アルコールを未成年者に売った場合、会社または施設が責任を負うかどうかを尋ねました。

Maratita氏は、経営陣は第一の責任ある企業であるが、アルコールを販売した従業員にも同様の責任があると述べました。

「アルコールを未成年者に売る従業員は逮捕され、罰金が科されます。
しかし、ライセンシーや同社にも同じ罰金が適用されます」と話しました。

マラティタ氏によると、初犯は罰金1,000ドルと1年間の懲役、 2回目の犯罪は罰金3,000ドルと3年間の懲役、3回目の犯罪は罰金5,000ドルと5年間の懲役および免許の取消しを意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です