トレス知事「私たちは米国上院に我々のケースを提出する用意ができている」




ラルフ・トレス知事は、26日に米国上院に出席し、マリアナ諸島のCW問題について話す際に、彼と彼のチームが彼らのケースを発表する用意ができていると話しました。

知事は、エネルギー・天然資源委員会の議長Lisa Murkowski上院議員が発表したS. 2325の審問に出席するため今週末、ワシントンDCへ向かう予定です。

CNMI労働局のビッキー・ベナベンテ局長と北マリアナ・ビジネス・アライアンス・コーポレーションのメンバーが彼に同伴します。

知事とのインタビューで、CWプログラムを延長し、上限数を13,000に増やす必要性を正当化するためのデータを彼らが今持っていると知事は述べました。

「はい、私たちの準備は整っていますが、明確にするために、我々はCW危機について話をするためにそこに行く最終準備も行いました」とトレス氏は言っています。

「私たちは依然として労働力に取り組む必要がありますが、最も重要なのは過去数年間に起こった変化です。私たちのCWプログラムではうまくいったことがたくさんあり、10年以上も島にいた多くの外国人労働者は、現在、良い給料を受けています。しかし、このCW問題のために島を離れる必要があり、それがワシントンDCに行って、私たちのケースを提示する理由です」と知事は述べました。

トレス氏は、CNMIの懸念を聞き、法案のこれらの懸念の一部に取り組んだMurkowski氏に感謝の意を表しました。

知事は3000人削減逆転に取り組みを続けていくつもりであると話しました。

トレス氏は、「我々はまだそれに期待しており、引き続き3,000人の削減が逆転するよう努力する」と述べました。

一方、エンジェルDemapan下院議員は金曜日、Lisa Murkowski上院議員によって導入された北マリアナ諸島米国労働力法であるS.2325の通過を支持するための下院合同決議を提起しました。

Demapan氏の決議は、下院合同決議案20-8です。

下院議会は審議中の水曜日に行動する予定です。

この決議には、CW -1労働者の完全な削減による経済的影響の可能性及び連邦政府とCNMI政府のCNMIの労働力の課題への取り組みに焦点を当て、CNMIにおける連邦移民法の実施および影響を見直すために米国政府会計検査院(GAO)に米国連邦議会議員が要請したと表されています。

CNMI下院議院は、S.2325の意図を支持しており、米国議会と米国上院にこの法案の通過を要請しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です