インペリアル・パシフィック社が8月までに250部屋を完成させると発言




IPIインペリアル・パシフィック・インターナショナルは20188月までにガラパンのホテルプロジェクトで250部屋の建設を完了する、と同社の関係者が火曜日の朝コモンウェルス・カジノ委員会に伝えました。

IPIは、インペリアル・パレス・サイパンを完成させるために、グアムに拠点を置く米国建設会社、パシフィック・リムとの契約を結んだことを発表しました。

カジノ委員会のエドワード・デレオン・ゲレロ委員長は、「カジノ・ライセンス契約は少なくとも250部屋を必要としている」と述べ、IPIは今年の8月までにその期限を満たすと確信していることを付け加えました。

「委員会は、[IPI]がすべての[将来の建設]活動でCNMIおよび連邦法に準拠していることを確実にする責任を負うことを義務付けている」とDeleon Guerrero氏は述べています。

デレオン・ゲレロ氏は、IPIの元請負業者であるMCCの外国建設労働者の不法移民ステータスを指してMCCが関わった「間違い」が再び起こってはならないと述べました。

テン氏の任命は、2018110日に行われました。同氏は、同社のサイパン事業を管理監督します。

IPIによると、Teng氏には12年以上の専門的な人材管理経験と、豊富なカジノ・リゾートの開業経験で「ゲーム業界人事の深い知識」があります。

彼はマカオの賭博企業の元役員であり、公共部門で人事管理職を務めていました。

Teng氏は、米国の近親者に近い他のプロジェクトに取り組むために1月上旬に退職を発表したマーク・ブラウン氏の後任です。

IPIの新CEOHenry Cheang氏は、12年間の業界経験を持ち、Galaxy MacauCrown MacauAltira)、MGM Macauなどのゲーム・事業体を成功裏に開業させました。

Cheang氏はIPICEOであるKwong Yiu Lingの後任です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です