別の電力料金引き上げ




CUCコモンウェルス・ユーティリティーズのエグゼクティブ・ディレクター、ゲリー・カマチョ氏は、今月から燃料調整料金がわずかに値上がりすることを伝えました。

同氏は最近、モービル・オイル・マリアナスから、CNMI電力需要者への請求における燃料調整費用FACに影響を与える、平均国際燃料価格の引き上げに関する通知を得たと話しています。

新しいFACレート率はkWhあたり$ 0.18231 から$ 0.20109/ kWhになります。

12月、CUCFACをキロワット時あたり0.16886ドルからkWhあたり0.18231ドルに引き上げました。毎月平均500kWhの電力を消費する一般住宅利用者は、毎月6.72ドル以上の追加料金を支払わなければなりません。

最新のFACが引きあげられたため、カマチョ氏は、1カ月あたり500kWhの電力を消費する住宅利用者は毎月9.39ドルを支払うとことになると言いました。

カマチョ氏によると、FACCUCの電気料金を構成する2つのコンポーネントの1つで、燃料の購入に使用されています。

2の要素は、事業、プロジェクト、債務サービスの資金調達に使用される基本金利です。カマチョ氏は、2014417日以降基本料金は引き上げられていないと述べました。

CPUCコモンウェルス公共公益委員会の命令に基づいて、CUCは、プラッツ・シンガポールの月額平均価格が現在のFACレートの計算に使用される燃料の1ガロンあたりの平均費用の差の4.5%に等しいかそれを超えるとき、FACのパス・スルー・レートを調整する必要があります

CUC料金の詳細については、

http://www.cucgov.org/wp-content/uploads/2018/02/Electric-Charges-Rates-020118.pdf.を参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です